北井一夫写真展 流れ雲旅

2021年1月15日(金)~4月25日(日)まで延長

開廊時間 13:00~19:00

休廊日 水・木曜
入場無料、作品販売あり

G&S 根雨では2021年第1弾企画展として、北井一夫写真展を開催いたします。

「村へ」をはじめ、各地を旅しながらドキュメンタリーを軸とした撮影を続けてきた北井 一夫。

本展では「いつか見た風景」、「沖縄放浪」、「フランス放浪」、「1980年に」より

約40点を展示いたします。

<*コロナウィルス感染症の影響により、開廊時間等、内容が変更となる場合があります。

ご来場前に、当WEBサイトにて最新情報をご確認ください。>

IMG_2374.jpg
 

「いつか見た風景」1970年 タイプCプリント

 

人生を大きな旅と捉えるならば、自分自身の姿勢を確保し、思考を重ね、不安を払拭し、 目標を定めて、困難でも歩みを進めなければならない。北井一夫の人生では、無数の旅が、 折り重なるように展開された。敗戦後の大陸からの引き上げ、幼少期の引っ越し、長じては、写真との格闘、過激派の時代をくぐり、三里塚を経て、日本全国への撮影行、ヨーロッパへの取材など、成長は、旅とともにあったといっても過言ではないだろう。「1980年に」あたりに戻って、その前後の北井の旅を、新しい視座で、現在、過去、未来の手紙のやりとりのように、この壁に再現してみようかと思う。彼の旅は、すんなりと撮り上げるス ナップ世界とは異なり、まるで時間を搦めとるようなタイムカプセル的、作品群により、まさに過激に埋め尽くされる。そして、旅の始まりでありながら、中核をなす津軽への旅こそ、つげ義春から伝授された旅の味わい、その捕獲への分岐点、新たな道程の開始だった。 さて、同行する我々の旅は、どういう明日へ連なるのだろうか?(企画:石井仁志/G& S 根雨プロデューサー)

 
PB080073.JPG

「フランス放浪」1972年 タイプCプリント

 
IMG_2376.jpg

北井一夫

きたい かずお (1944-) ​

写真家

1944​年 満州鞍山生まれ 日本大学芸術学部写真学科中退。『三里塚』『村へ』『いつか見た風景』『フナバ

シストーリー』『​1990​年代北京』などドキュメンタリー的な写真を撮影、発表して きた。​1972​年、第​22​回日本写真協会新人賞。​76​年、第​1​回木村伊兵衛写真賞。​2013 年、日本写真協会作家賞を受賞。出版物は膨大、​2020​年​10​月に平凡社より『過激派 の時代』も発刊。個展も​多​数開​催​。

企画:石井仁志 ​(​1955-)
プロデューサー・ディレクター(G&S根雨) 


細江英公、北井一夫をはじめ、多くの写真家の展示を企画運営。 近現代文化史、中島健蔵研究、音楽、写真、映像、文学と幅広い執筆活動を展開。 清里フォトアートミュージアムのヤングポートフォリオ、新潟大学地域映像アーカ イブを支援協力。「生誕百年中島健蔵展」 監修(2004年東京都写真美術館)『占領期 雑誌資料大系大衆文化編』全5巻(2009年岩波書店)編集・執筆。

「​1980​年に」​1979​年 ゼラチンシルバープリント

 

Upcoming Events

  • 【北井一夫写真展 流れ雲旅】トークイベント
    3月20日 14:00 – 16:00
    G&S 根雨
    北井一夫×聞き手:石井仁志(G&S 根雨プロデューサー)/ロングトーク開催決定!「北井写真の魅力とは? 人生すべからく、流れ雲旅」をテーマにお話しを伺います! - 追加受付中! *下記「参加申込」フォームよりお申込ください▼
    シェア
 

【中止】

1都3県の緊急事態宣言・自粛要請を受け、下記の予定は中止となりました。

作家在廊予定 ×1月22日(金)〜25日(月) 

トークイベント ×①「この展覧会の見どころと私の旅」1​月​22​日(金)​19​:00~​20​:00

・トークイベント ×②「北井写真の魅力とは? 人生すべからく、流れ雲旅」1​月​24​日(金)​14​:00~​15​:30

<最新 3.1.>

​*会期延長が決定しました。

​*中止となったトークイベントの代替開催日が決定しました。

 

​​フライヤーPDF  ▶️ ダウンロードはこちら